-

民事再生による整理は住宅のローンもある多重債務の問題に陥っている利用者をターゲットとして住宅を維持しながら経済面でやり直すための公の機関を通した債務を整理する方法として2000年11月に施行された手段です。自己破産とは違って免責不許可となる要件はありませんので賭博などで債務がふくらんだような場合も手続きは可能ですし、破産手続きをした場合は業務が行えなくなる業種で収入を得ている場合等でも手続きができます。破産の場合だと、住んでいる家を保有したままにすることは許されませんし、特定調停等では、借金した元金は支払っていく必要がありますので住宅ローンなどを含めて返済を続けるのは簡単ではないでしょう。しかし、民事再生という方法を採用できれば住宅のローン以外での借り入れについては相当なお金をカットすることもできますので、住宅ローンなどを返しつつ残った借金を支払っていくようなことができるというわけです。ただ、民事再生による解決は任意整理による処理特定調停といった処理とは違って一部の債務だけを除外扱いして手続きすることは許されませんし破産申告においてのように債務が帳消しになるわけではありません。それから、それ以外の方法に比べて手続きが簡単には進まず手間が必要ですのでマンション等のローンがあり住んでいるマンションを維持していきたい状況等を除いて破産手続き等といったその他の方法がとれない時だけの最終的な手段と考えた方がいいでしょう。